学資保険と退職金請求 

返済能力を大幅に超えるような借金を背負ってしまったときや、あるいは何らかの事情によって借金の返済を続けていくことができなくなってしまった場合、その問題を解消するための手段として自己破産をするという方法があります。
自己破産をするには裁判所に対して借金の返済を続けることができなくなってしまった正当な理由を提示し、借金の返済を免責してもらう制度ですが、仮に自己破産をすることが裁判所に認められた場合、返済義務のある借金はすべて免責となります。
しかし、自己破産をする場合には借金の返済を免責してもらう条件として、自分の所有する財産の大部分を手放さなくてはなりません。
自己破産をした場合、自分の所有する財産のほとんどを手放さなくてはならないのですが、その際には生活に必要な最低限の財産は手元に残しておくことが認められています。ただし、学資保険などの保険商品に関しては生活に必要な財産であると認められるケースは少なく、自己破産をした場合には学資保険などは解約をして、その返戻金を債権者に対して配当することになります。
また、退職金については退職金請求権というものがあり、この権利は財産と同様の扱いを受けることになります。そのため、自己破産時に手元に残すことを認められた財産や自己破産以後に得られた給与のなかから退職金に相当する金額を債権者に対して支払う必要が出てきます。

コメントは受け付けていません。