破産における自由財産とは 

債務整理で自己破産を行うと、自分の持っているものがすべて差し押さえられてしまうのでしょうか。そのようなことはありません。破産手続きをしても、最低限のお金や物は、自分の財産として確保することができるようになっています。こういう財産のことを、自由財産と呼びます。
具体的には、その人が生活をして行くうえで不可欠な日用品や、仕事に必要な物、実印や家具、それから現金99万円までは自由に使うことができます。それから加入中の保険なども対象になります。もちろん、年金や生活保護も同じです。また車などは、本来は売却の対象になりますが、仕事で必要であるとか障害があるなどで、車を使わないと生活に支障をきたす場合は、所持が認められます。
このように本来の自由財産の対象でなくても、それがないと生活できないというような場合に、例外的に所持を認めることを、自由財産の拡張といいます。自己破産は裁判所に申立を行いますが、裁判所によっては、あらかじめこの拡張が認められていて、必要不可欠か否かをいちいち証明しなくていい場合もあります。もし自己破産を考えていて、しかるべき財産を保有しておきたい場合には、一度自分が依頼している弁護士、または司法書士に相談をしてみるのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。