申立と破産審査と免責 

債務整理の方法の1つに、自己破産があります。この方法は、債務額が大きくて自分の収入では返済が難しいとか、定期的な収入が無く、また売却できる車や家財道具などもない場合に、裁判所に申立を行って、破産宣告をするものです。通常個人の場合は、破産の申立と共に免責が下り、債務が帳消しになります。
ただし、場合によっては、免責が下りないこともあります。自己破産の場合は破産審査というものが行われ、やむをえない事情で破産をする場合はともかく、たとえばギャンブルなどで借金がかさみ、返済できなくなって申立をした場合は基準が厳しくなり、債務が帳消しにならず、全額返済を命じられることもあります。また、1度自己破産を行って、その後やはり借金をしてしまい、もう一度自己破産を申し立てた場合も、破産審査の基準が厳しくなります。それ以外にも、いくらかでも売却できる財産があった場合は、やはり免責が下りないこともあります。
このようなことから、自己破産というのは、八方手を尽くしても返済できない場合にのみ行うようにしましょう。また、何度も行うものではありません。そもそも、一度行うと、その後7年間はできません。あくまでも、自分の経済生活を再スタートさせるための物として行うようにしてください。

コメントは受け付けていません。