差押禁止債権について 

借金に関する問題を抱えている人がその問題を解消するための手段としては、債務整理という制度があります。この債務整理の制度にはいくつかの方法があり、どのような債務整理の方法が一番いいと断言することはできません。個々の人によって借金の額などが異なっているからです。
債務整理の制度には自己破産と呼ばれる方法がありますが、この方法を利用すれば現時点である借金が帳消しとなり、その後の返済義務は免責されることになります。そのため、自己破産をすれば借金を返さなくてもいいと安易な気持ちで借金をしてしまう人も少なくはありません。しかし、自己破産をすることによってたしかに借金はなくすことができますが、その代償として自分が持っている財産のほとんどを手放さなくてはならないというルールがあります。
自己破産をする羽目になってしまった人の場合、当然のことながら経済的に余裕があるわけはなく、借金の免責を受けるために財産を手放すことでその後の生活が立ち行かなくなってしまうことが十分に予想できます。そのため、自己破産をする際には差押禁止債権というものが定められており、そのような債権に関しては自己破産をした際に手放さなくてもいいようになっています。差押禁止債権とは生活を送るうえで必要と思われる最低限の財産のことですが、具体的には99万円までの現金や生活必需品などのことを指します。

コメントは受け付けていません。